サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【気になる一言】レーシングポイント代表、代役ヒュルケンベルグの陰性結果が出たのは「セッション開始15分前だった」

ここから本文です

 F1第4戦イギリスGPの金曜日のFIA会見でもっとも多くの質問を受けたのは、レーシング・ポイントのオットマー・サフナウアー代表だった。理由はもちろん、レーシング・ポイントが木曜日に新型コロナウイルスの陽性が判明したセルジオ・ペレスに代わって、金曜日からニコ・ヒュルケンベルグの起用を発表したからだ。

 最初の質問は、現在のペレスの容体に関するものだった。

ヒュルケンベルグ“クレージーな24時間”を経てF1に復帰「大きな挑戦だが苦労する価値はある」【F1第4戦金曜】

「今日(7月31日)はまだ彼と話をしていないが、昨日は無症性でありながらも、自分に陽性反応が出たことに驚き、信じられない様子だった。『無症性なのに感染しているなんて信じられない。

おすすめのニュース

サイトトップへ