サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析|イギリスGP決勝で一番速かったのはハミルトン! フェラーリの戦略判断を苦しめた?

ここから本文です

 2022年のF1第10戦イギリスGPは、フェラーリのカルロス・サインツJr.が優勝。F1でのスタート150戦目で、嬉しい初勝利ということになった。

 ただサインツJr.にとっては、楽なレース展開ではなかった。

■フェラーリまたも戦略ミス? まさかの敗戦で失望のルクレール「決断の全体像を理解したい」

 サインツJr.は自身初のポールポジションからスタート。赤旗中断からのリスタート後は、第1スティントと第2スティント共に首位を走った。しかしチームメイトのシャルル・ルクレールの方がペースが速く、やむなくルクレールを先行させるという場面もあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ