サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリのビノット代表、終盤でさらに2戦を欠場へ。2022年マシン開発が“重要なフェーズ”に

ここから本文です
 フェラーリF1のマッティア・ビノット代表は、来シーズンに向けたマシン開発が重要なフェーズにあるため、2021年シーズンの終盤6戦のうち、2レースを欠場予定だと分かった。

 なおビノット代表がレースを欠場するのはこれが初めてではない。彼は2020年のトルコGPとバーレーンGPを欠場し、2021年に向けた準備を行なっていた。2021年シーズンも、大幅なレギュレーション変更の控えている2022年に向けた準備が重要となっており、各チームはリソース振り分けなどの対応に迫られてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ