サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MOTO GUZZI「V9 BOBBER SPORT」を詳解!『ゴーグル2020/2月号』

ここから本文です

MOTO GUZZI「V9 BOBBER SPORT」を詳解!『ゴーグル2020/2月号』

スタイル重視のお飾りカスタムとは異なる
走行性能ありきのメーカー提案カスタムとは?

モト・グッツィのスポーティなスピリットを支える伝統のメカニズムをベースに、第二次大戦後にアメリカでダートトラックレーサーたちによって流行した、ワイルドでスポーティなボバースタイルを再現したモデルV9ボバー。そしてブラックアウトされたディテール、ファットなタイヤが目立つボバーの個性的なコンセプトを活かしながら、新たな魅力を開拓するニューモデルとして追加されたモデルがV9ボバースポーツだ。

より低くマウントされたシングルシートと、短いライザーを介して装着されるドラッグバーハンドルでよりアグレッシブなイメージのスタイルへと進化。オーリンズ製のリアサスにアルミ製スリップオンサイレンサーなどでさらにスポーティな走りも実現。鮮やかな専用カラーにより、一際眼を惹くルックスとなっている。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

チャレンジングなルックスに
高い走行性能をプラス!

もともとV9BOBBERは、ただ個性を主張するスタイリングではなく、走行性能を生かしたセッティングで、ステージを限定することなくオールラウンドなワインディング性能を確保しており、『SPORT』ではより一層〝走り〟を意識した仕上がりとなっている。

 前後16インチホイールにハイトのあるファットタイヤとの組み合わせにより、どっしりと地を這う様なフィーリングを演出するが、粘りのあるハンドリングは若干慣れが必要だが癖はなく、タイトなターンもお手の物といった具合。インパクトあるセットアップだが、さすがメーカークオリティのカスタムセットアップといえる、乗り手を選ばないクオリティの高さを誇る。

50年代からバックヤードカルチャーとして用いられている手法のチョップドスタイルを取り入れているとはいえ、どちからというと現代のハイテックカスタムといった具合の内容の濃さが特徴ともいえる。ABSはもとより、好みで選択可能なトルクコントロールシステムなど、現行ラインアップ同様のグレード装備で走行フィールの向上と安全性を高めている。また、『SPORT』では、リアショックアブソーバーにオーリンズ製を採用するなど、セッティング幅を広げると共に、クッション性能の許容を引き上げている。きめ細やかに働くショック吸収性能は、低速域ですら体験できるほど上質で、高速域となればその外乱の収束性能に大きな違いを見せてくれる。

しっかりとボバースタイルを具現化しつつ、ロープロファイルのソロシートを採用することで、一見街乗りメインのカスタムのノリに拍車が掛ったように見えるが、引き締まった車体構成と適度な柔軟性を提供するショックユニットにより、ハードなワインディングにも耐え得るバランスの良さを秘めている。

 車体構成部品で一際目を引く存在のVツインエンジンは、OHV2バルブながら853ccの排気量を誇り、堂々とした重厚感あふれる太いトルクを発生させつつ、車重を感じさせない軽快な加速力をみせる。ストリートカスタムカルチャーを具現化する際に、存在感の大きなエンジンは見掛け倒しではないパフォーマンスを発揮出来るからこそ、支持されるポイントとなることだろう。

もちろん気軽さがウリのミドルレンジのシリーズなので、極端に言えばスニーカー感覚で付き合える身近さに親近感を覚える。唯一の縦置きVツインエンジンを採用し、歴史あるモト・グッツィの伝統と格式を鑑みると身構えてしまうかもしれないが、そんなタガを外して走り出してほしい。また、あまりにも現代的で気難しさが一切ないフレンドリーさは、なによりも代え難い個性かもしれない。

カスタムカルチャーを熟知し
オリジナルに昇華!

スタンダードなV9ボバーのワイドなハンドルから、ドラッグレーサーのようなショートなハンドルを装着することで、大柄な車体が一気にスリムでコンパクトに感じられる。さらに丸型ヘッドライトの上へコンパクトなアルミ製のバイザーが追加されて、フロントマスクが軽快でスポーティなイメージに見えてくる。

ステップ周りもベースモデルのV9ボバーとは異なり、ステップホルダーやバー、ペダルなどの全てのパーツが高級感のあるアルミ製に変更された。低くショートにされたハンドルバーと合わせて、V9ボバーよりもスポーティなポジション設定だ。

V9ボバースポーツで新たに装備された、マットブラック仕上げのアルミニウム製スリップオンサイレンサー。伝統の850cc空冷Vツインが発する、モト・グッツィならではの鼓動感あふれるサウンドをより魅力的に強調してくれる。エンド部分をスラッシュカットしたデザインで、スタイリングにエレガントさがプラスされた。

V9ボバー用に開発された850cc空冷縦置OHV2バルブVツインエンジン。燃焼室形状の変更、各部の見直しによるフリクションロス低減と耐久性向上、潤滑系の改良などによってパワフルな特性を実現し、同時に鼓動感あふれるフィーリングも備える。もちろんヨーロッパの排気ガス規制基準であるユーロ4にも適合。

Φ40mm正立フロントフォークとブレンボ製の対向4ピストンキャリパー&320mmステンレス製シングルディスク、16インチのアルミ鋳造ホイールを組み合わせたフロント周りは、タイヤまで含めてスタンダードなV9ボバーと基本的に共通。フロントフェンダーのみ軽快さを感じさせるショートな専用パーツに変更された。

左右側面のエッジの効いたプレスラインが目立つ、特徴的な形状の燃料タンク自体はV9ボバーと同じものだ。V9ボバースポーツ専用色である「スポルト」にカラーリングされることで、V9ボバー同様の美しいスタイルにアグレッシブさが加えられている。

V9ボバーの快適性を重視した分厚く大きなシートから一転、V9ボバースポーツのシートには非常に薄いシングルシートが装着された。座面が下がることでライディングポジションをコンパクトでスポーティに変更する効果に加えて、テール周りの印象を一気に軽快な雰囲気に変化させることも狙っている。テールランプ、ウインカーはV9ボバーと共通だ。

タンクと同色にペイントされたサイドカバーはアルミ製の専用品。リアブレーキは260mmステンレス製ローターにブレンボ製対向2ピストンキャリパーを組み合わせる。V9ボバースポーツで標準装備とされたオーリンズ製のツインショックは、プリロード、圧側・伸側のダンピングが調整可能なフルアジャスタブルで、高精度で繊細なセッティン変更にも応えてくれる。

ショートライザーで装着されるドラッグバーハンドルは装着位置が前進していて、V9ボバーより前傾したポジションとなって、コンパクトでスポーティーなライディングスタイルを取れる。多機能液晶付のシンプルでクラシカルな単眼アナログメーターはV9ボバーと同じものだは、ブラックの盤面に白い文字という正反対のカラーを採用。

単なるロードスポーツとは一味違う、イタリアンならではの洗練されたスポーティさに、おおらかでワイルドなアメリカンテイストをミックスしたというべきV9ボバースポーツのユニークなスタイリング。カテゴリーを超えた独自の世界を築いている。

全長×全幅×全高 : 2185×840×1160mm
ホイールベース : 1465mm
シート高: 785mm
車両重量: 210kg
エンジン形式: 空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ
総排気量: 853cc
ボア×ストローク :  84×77mm
最高出力: 55HP/6250rpm
最大トルク : 6.3kgm/3000rpm
燃料供給方式: FI
燃料タンク容量 : 15L
変速機形式 : 6速リターン
タイヤサイズ前・後 : 130/90-16・150/80-16
価格: 134万2000円(税込)

撮影:松川 忍 モデル:葉月美優 文:小松信夫/編集部

動画:葉月美優さんのインプレッションはコチラから!


協力:MOTO GUZZI

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します