現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイエースに「ボンネット付」なぜ? 四角い車体よりメリット大? 次期型と噂のコンセプト車

ここから本文です

ハイエースに「ボンネット付」なぜ? 四角い車体よりメリット大? 次期型と噂のコンセプト車

掲載 13
ハイエースに「ボンネット付」なぜ? 四角い車体よりメリット大? 次期型と噂のコンセプト車

世界的にはメジャー “ボンネット型ハイエース”

 ハイエースといえば、トヨタ自動車が製造販売しているワンボックス商用バンの代名詞的な存在です。大人数が乗れるよう座席を並べた送迎車から、広い車内スペースを活用した荷物の運搬まで仕様も様々で、乗用・商用問わず幅広く活躍しています。

【画像】新型「ハイエース BEV コンセプト」提案モデルを見る

 そんなハイエースをBEV(バッテリー式電気自動車)にしたコンセプトカーが、東京ビックサイトで開催されていた「ジャパンモビリティショー2023」に展示されていました。

 この車はトヨタ車体が出展したもので、「グローバル ハイエース BEVコンセプト」(以下、BEVコンセプト)といいます。外見上は日本人が見慣れたハイエースの外見とは大きく異なっており、フロント部分が前方に飛び出た“セミボンネット型”となっているのが特徴です。

 ハイエースといえば凹凸の無いフラットな四角い車体が特徴であり、運転席も車体前方のエンジン上部にキャブオーバー構造で配置されています。しかし、一方で海外向けにはセミボンネット型のH300系というモデルも存在し、今回のBEVコンセプトはそれをベースに製作されたそうです。

 日本では見慣れないモデルの電動化というだけで注目してしまいますが、このBEVコンセプトには他にも、商用バンの未来を予感される新要素が盛り込まれていました。

電動化だけじゃない 注目は車内の仕様にも

 トヨタ車体は今回のBEVコンセプトについて、「もっと人に寄り添う商用バン」「乗る人・働く人にやさしい商用バン」をキャッチコピーにしており、ドライバーに配慮した静粛性・乗降性と、ICT(情報通信科学)技術を活用した配達効率の向上、荷物輸送での使いやすさの向上を目指しているといいます。

 では、これらを具体的に見ていきましょう。まず、ドライバーへの配慮ですが、電動化による騒音や振動の低減はもちろんのこと、BEVコンセプトではセミボンネット型のため、通常のキャブオーバーのハイエースと比べて座高が低くなっており、乗り降りがし易くなっています。

 実際、通常のハイエースでの運転席への乗り降りは、高さがあるためにサイドの取っ手を使って運転席へ「上る」ように乗り込む感覚になりますが、このBEVコンセプトでは乗用車のそれに近い感覚で行うことができます。配達業務で頻繁な乗降車がある場合は、これはドライバーにとって大きなメリットといえるでしょう。

 会場に展示された車体は、荷室のスペースを増やすために助手席を廃止しており、複数の荷物や長尺な物品(荷室内の最大長は約3.5m)の積載が可能なようになっていました。床部分も凹凸のないフラットフロアとなっているため、収納の利便性だけでなく運転席から荷室へも簡単に移動可能なウォークスルー構造なのが目を引きました。

 なお、展示車体はフロア部分にスライドレールの溝が入れられており、そこを自由に移動させることができる3つの専用ラックも搭載されていました。

 乗降扉は、運転席の左右にヒンジ式のスイングドア、そして荷室の左右には定番といえるスライドドアを装備しており、一見すると通常のハイエースと変わりません。しかし後部のアクセスはリアハッチに代わって左右に開く観音開き式ドアとなっており、開口部が広くなっただけでなく、背の低い人でも開閉が簡単にできるようになっていました。

未来のハイエースは「運転手に優しく業務支援も?」

 BEVコンセプトでの特徴といえるICT(情報通信科学)技術の活用については、親会社であるトヨタ自動車が提供する車両通信サービス「コネクティッド」を活用した配送・荷物管理システムを搭載していました。

 これにより、運転席のセンターコンソール部分にある大型ディスプレイには、配達ルートとその荷物の荷室内の位置情報が表示されます。さらに届け先のクライアントの配達時間の指定があれば、それに応じた最適な移動ルートまで算出してくれるそうです。

 実際のところ、このような「コネクティッド」を使った配達支援機能の実現は簡単なことではないでしょう。ここまで配送スケジュールに関わった機能を実装するには、配達業務の全般に関わるほどの大規模なITインフラが必要になります。しかし、コンセプトカーとはいえ、自動車メーカーが車体だけでなく、その業務支援機能まで盛り込んだことは、今後の商用車が進むべき将来性まで提示してくれたともいえるのではないでしょうか。

 未来のハイエースは、運転だけでなく、商用車としての業務自体もユーザーフレンドリーなものにしてくれるかもしれません。

 今回のBEVコンセプトでは、現在のハイエースと同様に様々な車体バリーションも提案されていました。トヨタ車体によると、展示された車両は基本形となる「L1H1パネルバン」で、これ以外に荷室に窓を付けた「L1H1ガラスバン」、車輌を長くした「L2H2パネルバン」、送迎車仕様の「L2H2コミューター」、救急車などに使う「L2H3スーパーハイルーフ」という異なるモデルも紹介されていました。

 ハイエースのEVモデルが発売されるかは未定ですが、それは既存車両の電動化だけでなく、少子高齢化といった社会変化の対応や、ICT技術の進歩によって、前後するでしょう。ひょっとしたら、そう遠くない時期に、さらに進化したハイエースBEVコンセプトがお目見えし、場合によっては市販されるかもしれません。

こんな記事も読まれています

トヨタ「9人乗りミニバン」発表! 新型「プロエース」登場で反響は?  「車中泊に最適」の声も 商用・乗用を欧州で刷新
トヨタ「9人乗りミニバン」発表! 新型「プロエース」登場で反響は? 「車中泊に最適」の声も 商用・乗用を欧州で刷新
くるまのニュース
トヨタが斬新すぎる「新型バン」を公開! 次期型「bB」として登場か!? “車中泊”にも本気で使える「最強モデル」を名古屋でお披露目
トヨタが斬新すぎる「新型バン」を公開! 次期型「bB」として登場か!? “車中泊”にも本気で使える「最強モデル」を名古屋でお披露目
くるまのニュース
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
なんで市販化しちゃったの!? 「斬新すぎるドア」装備の2ドアスポーツカーに驚愕! 異端すぎた激レアモデル「Z1」とは?
くるまのニュース
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
トヨタの“新型スポーツカー”「FT-Se」登場! なぜ“ド迫力ボディ”実現した? デザインに組み込まれた意図とは
くるまのニュース
日産が新型「超豪華ミニバン」をお披露目! 次期「エルグランド」が見えてくる!? 衝撃デザインの「高性能ツアラー」を名古屋で公開
日産が新型「超豪華ミニバン」をお披露目! 次期「エルグランド」が見えてくる!? 衝撃デザインの「高性能ツアラー」を名古屋で公開
くるまのニュース
600馬力超え! 全長5m超えの新型「爆速SUV」初披露! 鮮烈イエローが眩しい「エレトレ」実車展示
600馬力超え! 全長5m超えの新型「爆速SUV」初披露! 鮮烈イエローが眩しい「エレトレ」実車展示
くるまのニュース
9年ぶり復活のトヨタ「ランドクルーザー70」ラゲッジスペースの使い勝手を検証! 大切なキャンプや釣りの道具をラクに運べるのか?
9年ぶり復活のトヨタ「ランドクルーザー70」ラゲッジスペースの使い勝手を検証! 大切なキャンプや釣りの道具をラクに運べるのか?
VAGUE
三菱「新型軽バン」で「車中泊」できる!? めちゃ便利! アウトドアで「電気」も使える「ミニキャブ」の可能性に期待大!
三菱「新型軽バン」で「車中泊」できる!? めちゃ便利! アウトドアで「電気」も使える「ミニキャブ」の可能性に期待大!
くるまのニュース
電動ラグジュアリーSUVに新たな選択肢登場! 電気自動車のレクサスRZにFWDモデル「RZ300e」が登場
電動ラグジュアリーSUVに新たな選択肢登場! 電気自動車のレクサスRZにFWDモデル「RZ300e」が登場
WEB CARTOP
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場
くるまのニュース
三菱が新型「2人乗り軽バン」発表! 補助金なしでアンダー250万円の設定に「コスパ最高!」と高評価も 新型「ミニキャブEV」の期待値とは
三菱が新型「2人乗り軽バン」発表! 補助金なしでアンダー250万円の設定に「コスパ最高!」と高評価も 新型「ミニキャブEV」の期待値とは
くるまのニュース
トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ“車中泊”仕様」初公開! 実車展示された「めちゃ寝られる」部屋みたいなカスタムがスゴイ! タイで発表
トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ“車中泊”仕様」初公開! 実車展示された「めちゃ寝られる」部屋みたいなカスタムがスゴイ! タイで発表
くるまのニュース
2023年に発表された注目の1台 スバル新型SUV「レヴォーグ・レイバック」ってどんなクルマ? SNSでの反響とは?
2023年に発表された注目の1台 スバル新型SUV「レヴォーグ・レイバック」ってどんなクルマ? SNSでの反響とは?
VAGUE
トヨタ新型「ランドクルーザー70」リアシートの快適性はどう? タフなクロカン4WDでも気になる後席の居住性! 座り心地を検証
トヨタ新型「ランドクルーザー70」リアシートの快適性はどう? タフなクロカン4WDでも気になる後席の居住性! 座り心地を検証
VAGUE
多くのクルマ好きにシンデレラフィットするフル電動EV/レクサスRZ450e“version L”試乗
多くのクルマ好きにシンデレラフィットするフル電動EV/レクサスRZ450e“version L”試乗
AUTOSPORT web
ダイハツが新型「“斬新”軽トラック」実車展示! めちゃカッコいい「将来の軽商用車像」名古屋で公開
ダイハツが新型「“斬新”軽トラック」実車展示! めちゃカッコいい「将来の軽商用車像」名古屋で公開
くるまのニュース
【注目モデル試乗】3代目に進化した「ニッポンの国民車」、ホンダN-BOXの幸せポイント
【注目モデル試乗】3代目に進化した「ニッポンの国民車」、ホンダN-BOXの幸せポイント
カー・アンド・ドライバー
「ハンドル横の長 いシフトレバー」なぜ衰退? シフトチェンジしにくいのに…そもそもなぜ採用してた?
「ハンドル横の長 いシフトレバー」なぜ衰退? シフトチェンジしにくいのに…そもそもなぜ採用してた?
乗りものニュース

みんなのコメント

13件
  • 海外専売H300系および国内グランエースはすでに同一形状でこちらがベースでしょう。
    国内版ハイエースは使い勝手やユーザーニーズ的にH200系をベースに別車両を出してくるでしょう。
  • 全長と荷室長との兼ね合い=安全性vs利便性
    もし新型がボンネット付きならしばらくは現行型も
    継続して売りそう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村