サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが水素エンジンを搭載した競技車両のテスト走行を開始

ここから本文です
2021年4月28日、トヨタは開発中の水素エンジンを搭載した、カローラ スポーツをベースとした競技車両のテスト走行を富士スピードウェイで行った。

5月21日から行われるスーパー耐久「富士24時間」に参戦
すでに、乗用車の「MIRAI」やバスの「SORA」で、水素を燃料とするFCV(燃料電池自動車)を販売しているトヨタ。カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向けて、今度は「水素エンジン」の技術開発に取り組み、カローラ スポーツをベースとした競技車両に水素エンジンを搭載してモータースポーツに参戦するという情報は、以前に当Webモーターマガジンでも紹介した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン