サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超カッコいいソニーのクルマって結局売るの!? ソニーが自動車業界で目指すコトとは?【未来モビリティ総研】

ここから本文です

超カッコいいソニーのクルマって結局売るの!? ソニーが自動車業界で目指すコトとは?【未来モビリティ総研】

ウォークマンやPSシリーズなど、これまでアッと驚くようなモノを数多く生み出してきたソニー。今度は自動車業界に本気で参入する模様で、今回短い時間ながら試乗に成功。果たしてソニー初のクルマの出来栄えはいかに!? さらに、今後自動車業界でソニーは一体何をするのか? など気になるコトを徹底解説する。

元気なソニーが帰ってきた!? 今度はクルマで勝負

火災の原因にも? セルフスタンドで自動停止後の「継ぎ足し給油」が禁止されている理由とは

聡明な読者は覚えているだろう。そう、新春いきなり自動車界のみならずIT界も賑わせた「ソニーがEV業界に参入?」のウワサだ。

裏付けは思いきりあって1月のハイテク見本市、ラスベガスCESであのIT企業のソニーが予告なしにEVコンセプトのヴィジョンSを発表しちゃったからしょうがない。当然そういう予測も生まれますわな。

2020年のCESで突如発表されたヴィジョンS! 当時の模様はコチラ▼

市販化できそうな体制&文句なしの完成度

しかも、実車のソニー ヴィジョンSがヤバかった。デザイン的に予想外にまとまっているだけでなく、製作担当はオーストリアの高級少量生産メーカー、マグナ・シュタイア。

既にトヨタ・スープラやメルセデスGクラスなどの外注仕事を請け負っているだけでなく、ボッシュなどの独大手サプライヤーもパーツを供給。この体制ならマジでソニーがEVを作ることも出来るっしょ! と妄想が妄想を呼んでしまったワケだ。

あれから約半年後の8月頭、突如ソニーがヴィジョンSを東京本社の敷地内で走らせ、同乗走行と同時に開発担当役員のインタビューをさせてくれるという。小沢は当然喜び勇んで品川に向かった。

テスラと高級車市場でガチンコ勝負の予感

試乗コースはソニー本社入り口の直径10mぐらいのオーバルコースもとい車止め。それだけに時速10kmも出れば御の字だったが、実力は十分確かめられた。

全長×全幅×全高は4895×1900×1450mmとテスラの高級EVセダン、モデルSよりひと回り小さい。

しかし外観はリアルで、オーバルを意識したデザインはもちろん、外の光でみると予想以上に塊感があってカッコいい。このまま出してくれないかな? の声もしきりだ。

ハイパワーなのは確実だが、中身はまだまだ試作車レベル

かたや乗ると若干拍子抜け。初期の試作車だけにドアの建て付け音が響き、走っても石畳の凸凹を如実に拾って車内がカタカタ鳴っている。

また、前後200kW(約270ps)の2モーターEVでシステム出力500psは出そうだが、わずか時速10km程度じゃ実力の片鱗も味わえない。当然、自動運転モードも試せてない……。

映画に音楽! お得意のエンタメ機能満載

だが、それでも感動はあった。まずはインパネ全面のほぼ映画館のような3連ディスプレイで、その外側には一体化したデジタルアウターミラーのモニターが。

運転席前は速度計を表示し、車両セッティングが出来そうだが、センターと助手席前は思いきり「ジュマンジ」を始めとするソニー・ピクチャーズの映画が楽しめ、そのほかソニー・ミュージックが抱えているアーティスト達の音源も楽しめる。

さらにどの席でもコンサート会場にいるかのような臨場感が味わえる360リアリティオーディオ。まさにソニーが車内空間をエンタテイメント化したらこうなる! の好例を見せ付けられた感じだ。

オーディオファン垂涎のツマミがイイ

フロントノーズのリボンのようなLEDラインは、スマホ連動でドアロックと同調して光が回り、スイッチのタッチはソニーの高級オーディオアンプのツマミのよう。今までの車載スイッチとは一線を画す味わいだ。

未来の技術盛りだくさん! ソニーが自動運転社会を現実にするかも

さらにソニー ヴィジョンSがスゴいのは先進安全用のカメラやセンサー、ライダーが全33個も備わっていることで、今後の自動運転時代を見据えた自作センサーで覆い尽くされている。

つまりヴィジョンSはソニーの車載用半導体センサー技術の動くショーケースでもあるのだ。

販売の予定なし! 日本発のサプライヤーとして活躍?

そして開発担当執行役員の川西 泉さんは「すいません、今のところ(市販化の)予定はございません」と改めて語った後に「クルマをITの目から見たら、新しい定義が出来るんじゃないかなと考えました」と説明。

ヴィジョンSは車載センサー技術と同時に車内エンタテイメントの良質な実験場であり、今後車両の販売こそしないが、よりリアルな公道走行実験をするつもりなのだ。

「車両実験で気づいた知見は多々あります」と言う川西さん。

つくづく自分で作ってみないとわからない自動車技術であり、自動&電動化の世界。そこに今後のソニーが踏み込み、新たなセンサー技術であり、エンタメ世界を作って行くということなのである。

ソニーお得意の音響技術をクルマに! すご過ぎるスピーカーの実力を動画で▼

【筆者:小沢 コージ】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します