サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > COTAの路面凹凸、F1にも限界ギリギリ? オコン「サーキットは来年に向けてすべきことがある」

ここから本文です
 レッドブルのマックス・フェルスタッペンが勝利を収めたF1アメリカGPだが、このレースが開催されたサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)の路面に関して、エステバン・オコン(アルピーヌ)は強い不満を示している。

 COTAでは2012年からF1が開催されてきたが、近年はその路面の凹凸が酷くなり、問題視されてきた。2021年は2年ぶりの開催となったが、F1の前に同地でレースを開催したMotoGPでは、ライダー達から路面に関して不満が噴出。F1はそれを受け事前に対策を手配したことを伝えていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン