サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 目指すは表彰台と勝利……アロンソ、堅実な復帰シーズンも”不運”に不満隠せず「競争力がある時に限って雨が降る」

ここから本文です

 2021年アルピーヌからF1への復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、16位に終わったトルコGPのレース後、「今年は運に見放されている気がしてならない」と語った。

 イスタンブール・パークで行なわれたトルコGPでは、アロンソは今季最高の予選5番手からレースをスタート。しかしオープニングラップのターン1でピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)に接触され、アロンソはスピンを喫し、大きく後退することになった。

【特別インタビュー】”先輩”片山右京を泣かせられるか? 角田裕毅「それを達成するため、今はただ鍛錬と周回を重ねるだけ……」

 後方に沈んだアロンソは巻き返しを開始するも、ミック・シューマッハー(ハース)と接触し、5秒のタイムペナルティが科された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン