現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情

ここから本文です

ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情

掲載 62
ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情

 都会派クロスオーバーSUVのリーダー的存在として人気が高い、トヨタ「ハリアー」。2023年度のSUV登録車台数ランキングではダントツの1位を獲得しており、名実ともに、国内SUVナンバーワンの座を手に入れている。

 ちょうどいいサイズ感とちょうどいい上質感、そして申し分ない性能。すべてが日本人にとって最適化されたハリアーが人気車となるのは誰もがうなずくところであろうが、実はこの人気には、現行ハリアーの驚異の残価率(新車価格に対する残価の割合)も影響しているという。

ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情

文:吉川賢一/写真:TOYOTA

3年後の残価率は85.5%!! 最人気グレードは、ガソリン「G」

 現行型のハリアーがデビューしたのは2020年6月のこと。2022年10月にはビッグマイナーチェンジが行われ、内装改良やPHEVのZグレード追加など、商品力維持が行われた。一時期は、1年から1年半程にまで伸びた納期も、現在(2024年5月初旬)は、3~5ヶ月程度にまで短縮されているという。

 冒頭で触れたように、現行型ハリアーは残価率が異常なほど高い。ハリアーのグレード構成は、2.0Lガソリンとハイブリッドそれぞれに、S、G(Gレザーパッケージは廃止)、Z、Zレザーパッケージがあり、そのそれぞれに、2WDと4WDの仕様がある。2WDガソリン仕様は312万円~433万円、2WDハイブリッド仕様は371万円~492万円で、4WDは、2WDの価格にそれぞれ約20万円のプラスだ。2022年9月に追加されたPHEVモデルは620万円となる。

 多様なグレードがあるなかで、もっとも残価率が高いのは2.0Lガソリン2WDのGグレード(税込352万円)だ。ベストカー本誌の情報によると、2.0Lガソリン車のパールホワイトの場合、3年後で85.5%と、一般的な中古SUVの残価率をおよそ20%近くも上回る。

2020年6月にデビューした80系ハリアー。4代目となる現行車には、ガソリンエンジン車、ハイブリッド車、そしてPHEVの、3つのパワートレインが用意されている

 某中古車買い取り専門店の担当者によると、この現行型ハリアーのように、特定車種の特定グレードのみが高めの残価率となるのには、海外からの需要が大きく影響しているという。中古車市場での流通量も、このガソリン2WDのGが(ハリアー全グレードのなかで)もっとも多く、買い取り店側としては、安定して良質の個体を仕入れやすく、中古車オークションにおいて高値で売却できることから、残価率は高めに設定ができるそうだ。

ガソリン2WDのGは、欲しい装備が充実した中間グレード。この仕様がもっとも残価率がいいグレードだという

ガソリン 2WDのGは、マレーシアで需要が高い

 前出の担当者によると、中古車オークションで落札されたハリアーは、東南アジアの中心に位置するマレーシアへ多く輸出されていくという。マレーシアは、産油国であることからガソリンが安価であり、そのためかハイブリッド車の需要が少ないそう。また年間平均気温が26~27度と温暖で雪が降らないため、4WDも需要がないという。そのため、欲しい装備が充実した中間グレードのガソリン車 2WDのGグレードが人気となっており、それが、日本のハリアーの高い残価率に繋がっているようだ。

Gグレードは、革張りのインテリアや大型センターディスプレイを標準装備しており、高級感と先進性を兼ね備えたインテリアだ

現行ハリアーのモデリスタエアロ装着車。ド派手なエアロパーツがついていたほうが、マレーシアではウケがいいそうで、プラス査定になりやすいという

高い残価率は4年落ち(59ヵ月まで)まで!!

 ただしマレーシアには、初度登録月から数えて、12か月~59か月までという中古車の輸入規制があるため、たとえば、初度登録から59か月目はOKだが、手続きが遅れて60か月となると輸出ができない、ということになる。高い残価率は4年落ち(59ヵ月まで)という期限付きなのだ。

 新車で購入して3年弱(35ヵ月未満)乗ったあと、購入価格の85%の価格で下取りに出すことができるという、鬼コスパクルマの現行ハリアー。ちなみに、アルファードやランドクルーザー、ジムニーシエラも残価率の高いクルマとして有名だ。デザインや走りがよく、使い勝手も申し分なく、そのうえリセールも期待できる現行ハリアーは、ミドルクラスSUVを買うなら、絶対に検討してほしいクルマだ。

【画像ギャラリー】ちょうどよいが素晴らしい!!日本人に最適化されたクロスオーバーSUV、トヨタ「ハリアー」(13枚)

投稿 ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情 は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

現在も展開中!! 中古価格爆上がり中の希少絶版スポーツをなんとレンタカーで堪能できる!!?[復刻・2013年の話題]
現在も展開中!! 中古価格爆上がり中の希少絶版スポーツをなんとレンタカーで堪能できる!!?[復刻・2013年の話題]
ベストカーWeb
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
ベストカーWeb
まさかの[ランクル70]中古車が高騰!! たったの6カ月で約[73万円アップ]したワケって?
まさかの[ランクル70]中古車が高騰!! たったの6カ月で約[73万円アップ]したワケって?
ベストカーWeb
先代[プリウス]から仕上がり激変!! しかも中古は約170万円!? 大幅下落の中古プリウスは狙い目だった
先代[プリウス]から仕上がり激変!! しかも中古は約170万円!? 大幅下落の中古プリウスは狙い目だった
ベストカーWeb
派手さはない……でも安くて十分!! [軽の価格]で最新SUV! 走らせて不満なしの[WR-V]実力に迫る
派手さはない……でも安くて十分!! [軽の価格]で最新SUV! 走らせて不満なしの[WR-V]実力に迫る
ベストカーWeb
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
ベストカーWeb
新型よりめっちゃ安い先代[スイフト]!! MTまで用意した超絶走りモデルだった
新型よりめっちゃ安い先代[スイフト]!! MTまで用意した超絶走りモデルだった
ベストカーWeb
ほぼ一緒なのにトヨタよりスズキが16万も高い!! [ノア]より謎に高い[ランディ]を選ぶ理由
ほぼ一緒なのにトヨタよりスズキが16万も高い!! [ノア]より謎に高い[ランディ]を選ぶ理由
ベストカーWeb
[広すぎる後席]が世間をお騒がせ中!! WR-Vの後席に[インド事情]が深くからんでいる件
[広すぎる後席]が世間をお騒がせ中!! WR-Vの後席に[インド事情]が深くからんでいる件
ベストカーWeb
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
ベストカーWeb
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
地味だけどいいクルマ「スイフト」のいいところをほめちぎりたい
地味だけどいいクルマ「スイフト」のいいところをほめちぎりたい
ベストカーWeb
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
新型[フリード]支払額は約400万円!? 最上級モデルに先進安全装備を装備できない謎も!!
新型[フリード]支払額は約400万円!? 最上級モデルに先進安全装備を装備できない謎も!!
ベストカーWeb
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
ベストカーWeb
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
ベストカーWeb
ハッチバック消滅も近いかも!? 1代限りの[レクサスCT]は超便利だったのに! 絶版ハッチバックイッキ見
ハッチバック消滅も近いかも!? 1代限りの[レクサスCT]は超便利だったのに! 絶版ハッチバックイッキ見
ベストカーWeb
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
ベストカーWeb

みんなのコメント

62件
  • マイナスマイナス
    現実的には大人気だが、感性が一般的なものではないネットに溢れた自称車好きからは酷評される車の筆頭格かな。こうした口先だけの輩は新車を買わない買えない層だから何の影響もない。
  • rav********
    サイズこそちょっと大きくなったが外見はカッコいいし内装はごちゃごちゃせず落ち着いてた感じで触り心地も良い。センターディスプレイの出っ張り感がちょっと不格好なだけで運転した感じの乗り心地も良いし、燃費もHEVなら他メーカーより頭1つ抜けるくらいの良さ。価格はガソリンFFでも約300万円(4WD3約70万円)こえ、HEVのFFで400万円(4WD430万円)と安くはないが、総合的に見ればお買い得だしリセールも良くなるわ。
    ここのの自称車好き()な方々からすればダメな車でそれをありがたがる連中は愚昧らしいけどねw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8669.8万円

中古車を検索
ハリアーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8669.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村