サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 帝人、欧州で自動車向け複合成形材料の一貫供給体制を確立

ここから本文です
帝人グループで自動車向け複合成形材料事業を展開する米国テイジン・オートモーティブ・テクノロジーズ(TAT)は、フランスの拠点にて、生産性、外観性、寸法・品質安定性に優れるSMC製造設備による商業生産を開始した。

SMCとは、ガラス繊維や炭素繊維などの強化繊維に熱硬化性樹脂を含浸させ、シート状にした成形材料向けの中間基材。TATは、自動車向けのコンポジット部品の北米最大のサプライヤーとしての地位を確立しており、主にガラス繊維を用いた自社開発のSMCを製造している。

おすすめのニュース

サイトトップへ