サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > テクノロジーを盛り込みながら手の届く価格にした RAV4…工藤貴宏【日本カーオブザイヤー2019-2020】

ここから本文です

1980年から始まった、その年を代表するクルマを決める日本カーオブザイヤー。節目となる今回の、第40回「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」。選ばれたのは、トヨタ『RAV4』だった。

以下は、RAV4に満点である10点をつけた工藤貴宏氏の、日本カーオブザイヤーHPに掲載されたコメント。

☆☆☆

RAV4は日本市場でしばらくお休みしていて3年半ぶりの復活ですが、新型を発売したら瞬く間に人気となったのは、2019年の新型車業界におけるトピックのひとつでした。しかし、その理由を考えてみるとRAV4の注目すべきポイントが見えてきます。

おすすめのニュース

サイトトップへ