サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボッシュが新型コロナウイルス検知器を開発

ここから本文です

ボッシュが新型コロナウイルス検知器を開発

2時間半で感染を検出。ウイルスに打ち勝つカギとなる可能性も

ボッシュの子会社であるボッシュ・ヘルスケア・ソリューションズGmbHがコロナウイルスの検知器を開発。わずか2時間半で感染の有無を判定できるこの機器は、数時間かかる現在のPCR検査より効率が高く、短時間でより多くの検査が可能になるという。検査が追いつかずに感染を拡げてしまった面もある新型コロナウイルスだけに、今後の感染拡大を抑える効果が期待できそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ