サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 京都鉄博初のバイク×列車展示 スズキ「隼」ラッピング列車と「隼」が夢の共演

ここから本文です
 鳥取県八頭郡若桜町に本社を置く若桜鉄道は、2022年7月1日からスズキ製の大型バイク「隼(ハヤブサ)」をイメージした「隼ラッピング列車」を京都鉄道博物館に展示開始しました。

 若桜鉄道の「隼」駅がスズキの大型バイク「隼」と同名であることから隼駅がライダーの聖地として慕われていることに対して、その熱い想いに応えようとしたメーカー、鉄道、地元の熱意が結晶し誕生した隼ラッピング列車は、2016年より運行を開始した特別な車両です。

おすすめのニュース

サイトトップへ