サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルの”ハミルトン個人攻撃”はやりすぎ? メルセデスのウルフ代表苦言「私なら別の言葉を使う」

ここから本文です

 F1イギリスGPの決勝レース1周目に起きたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトンによる接触。これによりフェルスタッペンは大クラッシュを喫してリタイアし、ハミルトンは事故の責任を負う形で10秒のタイム加算ペナルティを受けた。

 ハミルトンにはこの事故の後、多くの批判が投げかけられ、中には人種差別的なモノもあった。またレッドブル陣営も、ハミルトンに対して激しい言葉を使い、批判を繰り広げている。

【特集:オリンピックとモータースポーツ】夏季オリンピック競技に『モータースポーツ』が加わる日は来るのか?

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、レースの後行なわれた発言の数々は、攻撃性のレベルが行き過ぎていると感じている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン