サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ネットワークカメラを活用して事故防止 損害保険ジャパンなど実証実験を開始

ここから本文です
損害保険ジャパン(損保ジャパン)は12月1日、キヤノン、日本通運とともに、映像解析技術を活用して物流現場でのさまざまな事故防止を図る新たなソリューションサービスの実証実験を開始したと発表した。

実証実験では、まず事故の懸念がある車両の動きを類型化し、危険挙動を定義付けする。危険挙動の類型は「一時不停止」、「速度超過」、「逆走や右左折禁止の通行区分違反」などを想定した。その上で、日本通運の倉庫にネットワークカメラを複数台設置し、実際のフォークリフトや作業者の物流オペレーションを撮影し、映像を解析・集積する。定義付けた危険挙動の発生をネットワークカメラが検出できるかを検証する。

おすすめのニュース

サイトトップへ