サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラEのバーチャル・レースで替え玉発覚? ダニエル・アプトに失格&罰金117万円の処分

ここから本文です

フォーミュラEのバーチャル・レースで替え玉発覚? ダニエル・アプトに失格&罰金117万円の処分

フォーミュラEのバーチャル・レースで替え玉発覚? ダニエル・アプトに失格&罰金117万円の処分

 まさに前代未聞のことが起きた。土曜日(5月23日)に行なわれたフォーミュラEの公式eレース「フォーミュラE レース・アット・ホーム・チャレンジ(FORMULA-E RACE AT HOME CHALLENGE)」の第5戦で3位に入ったダニエル・アプト(アウディ)は、自身でマシンを操縦せず、プロのeスポーツレーサーが替え玉としてマシンをコントロールしていたことが発覚したのだ。

 このレース後、2位に入ったストフェル・バンドーン(メルセデス)は、アプトがレースに参加していなかったと非難していた。

■フォーミュラEバーチャル第5戦|日産・e.ダムスのローランドが初勝利! ウェーレインは4位に入りランク首位堅持

「ダニエルは自分でマシンをドライブしていたわけじゃない。彼は全てを台無しにしたんだ。とても非常識なことだよ」

 バンドーンは自身のTwitchでそう語った。

 これを受け、フォーミュラEは調査を実施。その結果、日曜日に声明が発表され、「不正行為」のためにアプトをレースから失格処分としたことを確認した。アプトは当然、3位入賞のポイントを剥奪され、慈善団体に対して10000ユーロ(約117万円)の寄付をすることが義務付けられた。

 アプトも今回の行動について謝罪。このシリーズを真剣に受け止めていなかったことを認めた。

「フォーミュラE、僕のファン、チーム、そして仲間のドライバーたちに向け、土曜日のレース中に外部の助けを求めたことを謝罪したい」

 そうアプトは語った。

「僕はこのシリーズを真剣に受け止めていなかった。このプロジェクトについては、フォーミュラEの組織において、どれだけの労力が費やされたのかを理解している。だから、特に申し訳ないと思っている」

「僕が犯した行為について、悪い印象があるということは十分に認識している。しかし、決して悪意があったわけじゃない。でももちろん、レース失格の決定を受け入れる」

 なお「フォーミュラE レース・アット・ホーム・チャレンジ」では、eスポーツドライバー向けのレース”チャレンジ・レース”も行なわれている。今回アプトのマシンをドライブしたのは、このチャレンジ・レースに出場しているロレンズ・ホージングだったようで、彼は今後のチャレンジ・レースへのエントリーが禁止されることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します