サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高速道路での「あおり運転」 2019年の検挙数16%増 警察庁

ここから本文です

警察庁が発表した2019年の道路交通法違反の取り締まり状況によると、高速道路でのあおり運転である「車間距離不保持」の検挙件数が前年比16.9%増の1万3797件だった。

あおり運転が大きな社会的問題となっている中、警察当局は車間距離不保持の取り締まりを強化しており、検挙件数が大幅に増えた。

2019年の告知・送検件数全体は同4.6%減の571万1488件だった。飲酒運転は同4.4%減の2万5434件、最高速度違反が同8.1%減の113万7255件だった。歩行者妨害は同26.5%増の22万9395件と急増した。

過積載は同8.2%減の8468件だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ