サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル水間専務 「米国は在庫があればもっと売れた」…第1四半期営業利益は295億円

ここから本文です

SUBARU(スバル)が8月3日に電話会議で発表した2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、主力の米国販売の大幅増などにより、営業利益は295億円(前年同期は157億円の赤字)となった。半導体不足の影響で通期予想は据え置いた。

第1四半期累計のグローバル連結販売は、コロナ禍の影響を受けた前年同期から回復して32%増の17万5300台となった。主力の米国は28%増の11万6600万台、日本は29%増の2万4000台などとなった。

営業損益段階では販売の回復による売上増や構成差が617億円の増益要因になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン