サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【プレミアムが与える価値観の変化】アウディA6アバント 40 TDI (4) 長期テスト

ここから本文です

【プレミアムが与える価値観の変化】アウディA6アバント 40 TDI (4) 長期テスト

積算 1496km 日中に味わうグラスルーフ

text:Damien Smith(ダミアン・スミス)

【画像】アウディA6 サルーンとアバント 全79枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


冬の季節、日の出は日本以上に遅くなる英国。おかげで日常的な通勤時間では、アウディの屋根に備わる強みの1つが、充分に楽しめない。

それでも週末、日中にドライブへ出かければ、大きいグラスルーフから広がる世界と、明るく照らされる車内に感銘を受ける。同時にプライバシーガラスが、すべての人に歓迎される装備ではないことにも気付かされた。

積算 2983km トヨタ・アイゴに乗っていた経験

英国AUTOCARへ入社する以前、学校の教師だった筆者。クルマは必要だったものの資金がなく、少ない出費で気軽に乗れる、ヤリスより小さいトヨタ・アイゴに乗っていた時期があった。

クルマ好きからすると、かなり大人しい選択。典型的な先生のクルマという見られ方を、英国ではされがちでもある。

毎月の支払いは120ポンド(1万7000円)ほどで、ランニングコストもメンテナンス費用も安かった。しかも人間工学に基づいた、現代的な尖ったデザインを持つモデルを選んだ自分に、良い選択をしたと納得していた。今は義理の兄弟に貸している。

今の自分の暮らしは、かなり対象的になった。日往復130kmほどの距離を通勤するようになった。少なくとも今のところは、このアウディA6アバントで。

英国の交通環境におけるA6

A6はアイゴと比べても、タイヤは4本だしボディカラーも近い。同じ自動車だ。ところが先日、ロンドンを環状に結ぶ高速道路のM25号線を走っている時、とあることに思いが巡った。

クルマが人生に与える影響とはどんなものなのだろうか。アウディという目新しさに慣れてしまった今、ラグジュアリーという価値はどこに影響があるのか。

仕事を終えて家に帰ると、クルマには3時間も乗っていたことになる。まだ慣れずクタクタだが、アイゴで通勤していたときとは中身が異なる。

コンパクトカーで長距離を走ること、特に高速道路での移動は楽な作業ではない。アウディA6は、「まゆ」のような包まれ感がある。ロードノイズは最小限だし、インテリアは上質。ストレスの多い通勤路であっても、落ち着いた雰囲気で過ごすことができる。この特別感は今でも実感する。

乗り心地にも同じことがいえる。路面状態の悪い郊外の一般道は、アイゴにとって厄介な相手だった。ところがA6なら、普通のコイルスプリングのサスペンションでも、滑らかにやり過ごすことができる。

高速道路では、大型トラックに対して余りにも小さいアイゴは、いかにもか弱い。周囲のドライバーがアイゴへ一切気を使わなかったことも、A6と比べると注目するほどの違い。毎日の運転の中で、最も大きな差異だと思う。

その時代に適したものだけが生き残るべきという、最適者生存という考え方。英国で運転する時、ヒエラルキーの底辺にいるような場面で味わう、悪い側面だと思う。

アウディA6が与えてくれる価値観の変化

アウディのドライバーへは、特定の良くない評判も聞こえる。でも、過剰と思えるほど丁寧にアウディを運転することで、周囲のドライバーが感じるであろう、違う驚きを楽しもうと考えている。

筆者はヒエラルキーの上側に位置する日がまだ浅い。40.7kg-mという太い低速トルクを活かし、渋滞集団から抜け出し、うぬぼれることもある。素敵な運転スタイルではないことはわかっている。アウディらしいドライバーという見られ方もされるはずだ。

2.0Lディーゼルエンジンの燃費性能はとても優れている。1回の満タンで1078km以上を走行できる。話は戻るが、トヨタ・アイゴも燃費では優れていた。

アウディの強みは燃費だけではなく、トルクと快適性。優れた乗り心地にある。考えを巡らせ、A6に乗っていると、人生の面倒さが減るような気がした。

アイゴのような、謙虚なクルマに戻れるだろうか。筆者はぜひ戻りたいと思っている。謙虚に運転することに、いつも喜びを感じる性格なのだ。

でもアウディA6からの眺めが素敵だから、特に急いで戻りたいとも思わない。人間は周囲の環境に適応できる動物。今はプレミアムなクルマが日常的にある。筆者の価値観にどんな素晴らしい変化が及ぶのか、客観的に知りたい。これも人間だからできることだ。

テストデータ

テスト車について

アウディ A6アバント 40 TDI スポーツ Sトロニック
新車価格:3万9850ポンド(557万円)
テスト車の価格:4万6935ポンド(657万円)

テストの記録

燃費:16.8km/L
故障:なし
出費:なし

気に入っているトコロ

目を引く外観:毎朝、毎晩クルマを目にするのが楽しい。低く肉厚で幅広い。かなり存在感がある。

気に入らないトコロ

1つにはまとまらない:大きなグリル。美しいとはいえず、魅力的なフロントマスクを台無しにしていると思う。スター・ウォーズシリーズのカイロ・レンを思い出してしまう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します