現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 冒険仕様ピックアップトラックだ---トヨタ『タコマ』新型に設定

ここから本文です

冒険仕様ピックアップトラックだ---トヨタ『タコマ』新型に設定

掲載
冒険仕様ピックアップトラックだ---トヨタ『タコマ』新型に設定

トヨタ自動車の米国部門は、中型ピックアップトラックのトヨタ『タコマ』新型に2024年春、「トレイルハンター」(Toyota Tacoma Trailhunter)を設定すると発表した。

トレイルハンターは、冒険を求めるユーザーのために開発された。トヨタはオーストラリアの「ARB」と共同で、2.5インチ鍛造モノチューブショック、スチール製リアバンパー、脱着式MOLLEパネル付きユーティリティバーなどを開発した。33インチのグッドイヤー製「Territory R/T」タイヤを装着する。車高はフロントで2インチ、リアで1.5インチアップした。

「TRDオフロード」、トヨタの新型ピックアップトラック『タコマ』に設定…ビルシュタイン製サス装着

トレイルエキゾーストチップを標準装備した。ロープロファイルのハイマウントエアインテークが、助手席側のAピラーから、エンジンにクリーンな空気を供給する。ロックレールや高強度スチール製スキッドプレートも装着した。

ブロンズ色の「TOYOTA」ヘリテージインスパイアグリルには、LEDライトバーを組み込んだ。2400Wの強力なACインバーターは、キャビンとリアデッキの2カ所に電力を供給することを可能にしている。

新型タコマのトレイルハンターのパワートレインは、ハイブリッドの「i-FORCE MAX」のみとなる。i-FORCE MAXには、2.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力48hpを発生するモーターを8速ATに組み込んだ。バッテリーは蓄電容量1.87kWhのニッケル水素。ハイブリッドシステム全体で326hpのパワーと、64.3kgmのトルクを引き出す。V6エンジン搭載の従来型に対して、トルクはほぼ2倍という。

こんな記事も読まれています

レース中の装着タイヤが明確に。ミシュラン、ハイパーカー用タイヤに新しいマーキングを導入へ
レース中の装着タイヤが明確に。ミシュラン、ハイパーカー用タイヤに新しいマーキングを導入へ
AUTOSPORT web
【宮田莉朋F2密着】自己評価は60点。スタートで出遅れるも、得るものが多かった初レース
【宮田莉朋F2密着】自己評価は60点。スタートで出遅れるも、得るものが多かった初レース
AUTOSPORT web
悪路の後はサーキットでドリフトだ! レンジローバー・スポーツ SVへ試乗 世界一多能なクルマを更新
悪路の後はサーキットでドリフトだ! レンジローバー・スポーツ SVへ試乗 世界一多能なクルマを更新
AUTOCAR JAPAN
新車購入のVW「シロッコ R-Line」をトヨタ「アクア」の黄色に全塗装! BBSディスクを使ったすり鉢リムが自慢ポイントです
新車購入のVW「シロッコ R-Line」をトヨタ「アクア」の黄色に全塗装! BBSディスクを使ったすり鉢リムが自慢ポイントです
Auto Messe Web
レクサスNXがマイナーチェンジ。アウトドア志向の“OVERTRAIL”を新設定
レクサスNXがマイナーチェンジ。アウトドア志向の“OVERTRAIL”を新設定
カー・アンド・ドライバー
まるで走るバスタブ! 80年前の「泳ぐフォルクスワーゲン」完全レストア車が日本になぜ? ある企業の「資料」に
まるで走るバスタブ! 80年前の「泳ぐフォルクスワーゲン」完全レストア車が日本になぜ? ある企業の「資料」に
乗りものニュース
2024年版 ここまで進化した! 現代最強SUV 10選 海外の辛口評論家が選ぶ「ベスト」とは
2024年版 ここまで進化した! 現代最強SUV 10選 海外の辛口評論家が選ぶ「ベスト」とは
AUTOCAR JAPAN
海のエヴェレスト! 無寄港・無補給・単独で4.5万キロ航海するヨットレース「ヴァンデ・グローブ」を知ってる? 冒険の魅力を解説します
海のエヴェレスト! 無寄港・無補給・単独で4.5万キロ航海するヨットレース「ヴァンデ・グローブ」を知ってる? 冒険の魅力を解説します
Auto Messe Web
愛情を込めて「おばあちゃん」 ポルシェ718 W-RS(2) ディーノ 196 SPに匹敵した速さ
愛情を込めて「おばあちゃん」 ポルシェ718 W-RS(2) ディーノ 196 SPに匹敵した速さ
AUTOCAR JAPAN
「フラット8」をミドシップ! ポルシェ718 W-RS(1) ボクスターやケイマンのサブネームに
「フラット8」をミドシップ! ポルシェ718 W-RS(1) ボクスターやケイマンのサブネームに
AUTOCAR JAPAN
ルノー「4」が32年振り電動SUVで復活へ!外はレトロ、中は最先端のデジタル仕様に
ルノー「4」が32年振り電動SUVで復活へ!外はレトロ、中は最先端のデジタル仕様に
レスポンス
ホンダの「スポーツクーペ“爆盛仕様”」登場!? 真紅の3LチューンドNA×MT搭載! アイルトン・セナの魂宿す「初代NSX」豪州で1200万超え
ホンダの「スポーツクーペ“爆盛仕様”」登場!? 真紅の3LチューンドNA×MT搭載! アイルトン・セナの魂宿す「初代NSX」豪州で1200万超え
くるまのニュース
2024年F1第1戦バーレーンGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第1戦バーレーンGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
2024年F1第1戦バーレーンGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第1戦バーレーンGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
レクサスがコンパクトクロスオーバー「NX」を改良、アウトドア仕様の“OVERTRAIL”を追加
レクサスがコンパクトクロスオーバー「NX」を改良、アウトドア仕様の“OVERTRAIL”を追加
@DIME
車上荒らし被害者の6割がその後の防犯対策はしていない。愛車を守るための防犯対策も徹底解説
車上荒らし被害者の6割がその後の防犯対策はしていない。愛車を守るための防犯対策も徹底解説
グーネット
「グリーン系のクルマが一番人気!」なぜそうなった 話題カラーに押し上げた出来事とは!? アストンマーティン
「グリーン系のクルマが一番人気!」なぜそうなった 話題カラーに押し上げた出来事とは!? アストンマーティン
乗りものニュース
WEC開幕戦はポルシェが“復活”の勝利&表彰台独占! トヨタ勢は苦戦し6位と9位……6年ぶりにポディウム逃す
WEC開幕戦はポルシェが“復活”の勝利&表彰台独占! トヨタ勢は苦戦し6位と9位……6年ぶりにポディウム逃す
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.839.0万円

中古車を検索
MAXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.839.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村