サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ EQCの標準装備を一部オプション化し、車両価格を値下げ。その差額なんと185万円

ここから本文です
2021年4月20日、メルセデス・ベンツ日本はBEV(電気自動車)の「EQC 400 4マティック」の標準装備を一部見直し、車両価格を引き下げたと発表。同日より予約注文の受付を開始し、納車は6月頃の予定となる。

車両価格の値下げ幅は185万円!
日本市場におけるメルセデス・ベンツ初のBEV(電気自動車)EQCは、モーターの最高出力300kW(408ps)、最大トルク765Nmを有する四輪駆動モデル。WLTC充電モードが400kmで、6.4kWまでの交流普通充電と50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応と、ロングドライブにも充電にも安心感の持てるモデルだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン