サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 内田社長「販売の質向上は着実に進展」…半導体影響で今期営業利益はイーブン予想

ここから本文です
日産自動車は5月11日、2021年3月期の連結決算をオンライン会見で発表した。コロナ禍の影響や北米での販売再建への取り組みなどにより、営業損益は1507億円の損失と、2期連続の赤字になった。

今期(22年3月期)の営業利益は、半導体の供給不足による生産影響などにより、イーブン(0円)を予想している。前期のグローバル販売は、18%減の405万2000台だった。海外は中国(20年1~12月実績分)が6%減の145万7000台と比較的堅調に推移した。しかし、販売正常化を進めている北米は、25%減の121万3000台と大幅に落ち込んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン