サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの「ウーブンシティ」が本格始動 地鎮祭を開催 豊田社長「未来の創造に挑戦」

ここから本文です
トヨタ自動車の「Woven City(ウーブンシティ)」構想が本格的に動き出した。2月23日、静岡県裾野市で豊田章男社長、ウーブン・プラネットのジェームス・カフナーCEO(最高経営責任者)ら関係者による地鎮祭が開かれた。豊田社長は「多くの仲間とともに多様性をもった人々が幸せに暮らすことができる未来を創造することに挑戦する」と語った。

ウーブンシティは、2020年1月の米コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で豊田社長が構想を披露したもので、トヨタ自動車東日本・東富士工場の跡地を活用し、東京ドーム15個分に当たる約70万平方メートルに約2000人が暮らす街となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ