サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 夜間も運行する自動運転、5G商用ネットワークを活用した遠隔型 実証実験へ

ここから本文です
静岡県と掛川市は11月9日、東急やソフトバンクなどと協力し、5G(第5世代移動通信システム)の商用ネットワークによる映像伝送を活用した遠隔型自動運転の実証実験を、2021年12月16~22日に掛川市で実施すると発表した。

実証実験は、静岡県の自動運転実証事業「しずおか自動運転 ShowCASE プロジェクト」の一環で実施するもの。実証実験の期間中、午後2~4時(昼の部)と午後5時30分~7時(夜の部)の時間帯に運行する。自動運転グリーンスローモビリティ「かけがわチャ(茶)レンジ号」が掛川駅から掛川城三の丸広場まで定時定路線で運行する。利用は事前予約制で、市民や観光客も乗車可能。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン