サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カワサキ、2022年の鈴鹿8耐参戦体制を発表。ジョナサン・レイはじめWSBK実力者が集結

ここから本文です

 5月25日、カワサキモータースジャパンは2022年8月開催予定のFIM世界耐久選手権”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会への参戦体制を発表した。

 鈴鹿8耐は2019年の開催を最後に、新型コロナウイルスの影響を受けて2年連続で中止となっていた。その2019年は、ファクトリー体制での参戦を復活させたカワサキが、26年ぶりの優勝を果たしている。

■カワサキ26年ぶり優勝の立役者。ジョナサン・レイ「クタクタに疲れたよ!」

 2022年、カワサキは2019年の優勝に大きく貢献したスーパーバイク世界選手権(WSBK)ライダーで6度王者のジョナサン・レイと、レオン・ハスラムを再び招聘。

おすすめのニュース

サイトトップへ