サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 旧レイアウト”悪用”は禁止! F1スペインGP予選、最終シケインでのコースオフは「翌周のタイムも抹消」

ここから本文です

 FIAは、F1第4戦スペインGPの予選において、ドライバーが最終セクターのシケインを通らず、旧レイアウトのコースを通ってコースに合流した場合、その周だけでなく次の周のラップタイムも無効になると発表した。

 F1レースディレクターであるマイケル・マシは、スペインGPのイベントノートで、ターン1~2とターン13~15がスチュワードの監視対象になると説明した。

■【F1動画】第4戦スペインGPフリー走行3回目ハイライト

 ターン13~15はカタルニア・サーキット最終セクターのシケインにあたる。2007年にこのシケインが導入される前は、大きく右に回り込むようなふたつのコーナーが使われていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン