サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスベンツ、電動化戦略を加速…新バッテリー工場が操業開始

ここから本文です

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は12月4日、新たなバッテリー工場がタイ・バンコクで操業を開始した、と発表した。

新たなバッテリー工場は、メルセデスベンツの電動化戦略を加速するものだ。新工場で生産されるバッテリーは、二次電池として、メルセデスベンツのプラグインハイブリッド車(PHV)に搭載される。

具体的には、メルセデスベンツ『Cクラス』、『Eクラス』、『Sクラス』のPHVだけでなく、メルセデスベンツ『GLC』と『GLCクーペ』のPHVにも、新工場で生産されるバッテリーが搭載される予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ