サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > EVバンでありながらガソリン車並の低価格…ジャパントラックショー2022

ここから本文です
5月14日までパシフィコ横浜で開催中の『ジャパントラックショー2022』。EV関連を手がけるベンチャー企業であるフォロフライが出展。ブースにはEVバンでありながら、販売価格はガソリン車並という低価格で1トンクラスの宅配用EV『EV VAN F1』が展示されていた。

EV VAN F1の最大積載量は、普通免許で運転可能な950kgとなっている。また販売価格はEVでありながら380万円と、ガソリン車同等の低価格が特徴。航続可能距離は300kmと、物流に必要なラストワンマイルには十分な距離となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ