サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーティンF1代表、ベッテルの加入でレースに対するチーム全体のアプローチが変わったと明かす

ここから本文です

 アストンマーティンF1のCEO兼チーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、セバスチャン・ベッテルの加入により、チームのレース週末に対するアプローチ方法が大きく変わったと語った。

「セバスチャンのおかげで物事のやり方が広がった。デブリーフィングの取り組み方も、今は変わったのだ。週末に向けてのプロセスも、我々全員が少しずつ改善してきた」とサフナウアーは明かした。

ベッテル、連発したF1タイヤトラブルを深刻視「次は誰だ、と心配になった。起きてはならないこと」

 どのような変化であれ、それは確実に実を結んでいるようだ。ベッテルはフェラーリから移籍してわずか6戦目の第6戦アゼルバイジャンGPで2位に入賞し、アストンマーティンでの初表彰台を獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン