サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【軽量化したい! 大きい荷物を積みたい!】だからといってクルマの助手席やリヤシートを外すのは要注意

ここから本文です

【軽量化したい! 大きい荷物を積みたい!】だからといってクルマの助手席やリヤシートを外すのは要注意

 シートを取り外して乗車定員が変わると法律違反に!

 スポーツ走行をするときの軽量化のために、あるいはより多くの荷物を積むために、助手席やリヤシートを外したいという人もいるだろう。だがじつは、ベンツのVクラスの2列目、3列目のシートのように、レバーひとつでワンタッチに取り外すことができるクルマは別として、ボルト等できちんと固定されているシートを外して、公道を走るのは問題がある。

うっかりミスで80万円! 意外と知られていないクルマの高額罰金6選

 というのは、車検証を見ればわかるとおり、クルマごとに乗車定員は決まっていて、シートを外すということは、その乗車定員が変わることになるからだ。

 独立行政法人自動車技術総合機構によると、シートを外し、乗車定員が変わるのは、道路運送車両法の違反になり、保安基準を満たさなくなるので、そのままでは車検を通すことはできないとのこと。

 ヘッドレストを取り外して乗るのもじつはNG!

 では、そのシートを外した状態で、公道を走ると、即、警察の取り締まりの対象になるのだろうか?

 保安基準不適合で、15日以内の改善命令を出され、それに従わない場合は処罰の対象になるが、即、切符を切られるようなことは稀。ただし、道路交通法の安全運転義務違反に問われる可能性は否めない。

 現状はグレーゾーン扱いで、合法的とはいえないが、不正改造とも言いがたいので、注意や警告で終わるケースが大半のようだ。

 余談だが、シートからヘッドレストを外して乗るのも、道路運送車両の保安基準違反になるので要注意。ヘッドレストは立派な安全装備のひとつなので、勝手に取り外すのは厳禁だ。

 なお、日常的にシートを外してしまいたいという人は、運輸支局に出かけ、構造変更申請を行って、乗車定員を変更すれば、シートの取り外しは合法的に認められる。

 それ以外、たとえばサーキット走行をするときだけシートを外したいという人は、サーキットの場内、パドックについてからシートを外し、走行が終わったら、帰宅する前にサーキットの施設内で再びシートを取り付けてから、公道に出るようにしよう。

 細かくいえば、自動車保険の支払い条件などにも関わってくるので、安易に考えるといざというとき困るので気をつけてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します