サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 車いすレーサー青木拓磨、長年の夢だった「ル・マン24時間レース参戦」を終え「激戦」を振り返る

ここから本文です

車いすレーサーがル・マン24時間に初参戦

 2021年のル・マン24時間レース(8月21日-22日決勝)は、ハイパーカーが導入された初の大会であった。TOYOTA GAZOO RacingのGR010 HYBRID7号車(M.コンウェイ/小林可夢偉/J-M.ロペス)がポールポジションからスタート。371周を走行して無事にチェッカーを受け、ハイパーカーとして初の優勝車両になり、トヨタはこれで2018年の初優勝から4連覇を達成した。

全盲ライダーも果敢に走行! 障がいのある方も楽しめる「パラモトライダー体験走行会」が開催

 その第89回ル・マン24時間レースに、車いすドライバーの青木拓磨選手も初参戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ