サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス初のハッチバック車、CTが今年10月に生産終了……その功績を考える

ここから本文です

 2011年に発売されたレクサス初のハッチバックモデルのCTは、2011年から現在に至るまで、約65の国や地域で累計約38万台が販売されてきたが、2022年10月をもって生産終了が決定した。

 プリウスと同じ1.8LのTHSIIを搭載しながら、レクサスらしい上質な仕立てにより、グローバルでユーザーから支持されたCTだが、いったいCTのよさはどこにあったのだろう。その功績を振り返ってみよう。

レクサス初のハッチバック車、CTが今年10月に生産終了……その功績を考える

文/清水草一
写真/トヨタ、ベストカーWEB編集部

■先代型プリウスベースで上質に仕立てたレクサスCT

レクサスCTのこちらはバージョンC。

おすすめのニュース

サイトトップへ