サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハッチバックでは物足りない人へ──新型ゴルフ・ヴァリアント試乗記

ここから本文です

ハッチバックでは物足りない人へ──新型ゴルフ・ヴァリアント試乗記

フルモデルチェンジを受けた新型「ゴルフ」に追加された「ヴァリアント」を小川フミオがテスト。ハッチバックとの違いは?

頼れるパートナー

やっぱりオペルは日本にかえってくる! 来年上半期に再上陸へ

熱心なファンをもつフォルクスワーゲン「ゴルフ・ヴァリアント」の新型が7月28日に日本でも販売開始された。

さっそく、1.5リッター・エンジン搭載のマイルド・ハイブリッド仕様に乗った印象は、足まわりのしっかりした、頼れるパートナーというもの。インフォテイメントシステムなどの充実で、ファンは待った甲斐がある、といっていい。

約8年ぶりのフルモデルチェンジになるゴルフのステーションワゴン版のヴァリアント。各部の仕上げのよさはいまもって日本車のはるか上をいっているし、室内も荷室も拡大された。エンジンは1.0リッターと1.5リッターのガソリンで、ともに意外なほどパワフルなのだ。

ホイールベースが35mm伸び、全長は65mm伸びた。そこで後席のレッグルームは903mmから941mmへと広くなり、同時に荷室容量は611リッターへと22リッター拡大している。じっさい、後席は身長175cmのおとなに充分すぎるほど広いと感じた。

SUV人気のいま、フォルクスワーゲンも「T-CROSS」から「ティグアン」までのSUVモデルをラインナップする。

そのいっぽう、「パサート・ヴァリアント」や「アルテオン・シューティングブレーク」といった、ステーションワゴンにも力を入れている。

駐車スペースに全高の制約があるひとや、高い着座位置のシートへの乗降がちょっとしんどい、というひとにとって、ステーションワゴンは、じつはマルチパーパスだ。

ゴルフ・ヴァリアントは、くわえて、エッジのきいたキャラクターラインで適度にスポーティなスタイルで、存在感もちゃんとある。

ハッチバックとの差はあまり感じない

試乗したのはトップグレードの「eTSI Rライン」。このモデルと「eTSIスタイル」が1.5リッター車、そして「eTSIアクティブ・ベーシック」と「eTSIアクティブ」が1.0リッター直列3気筒搭載車だ。車名にある「e」は、マイルド・ハイブリッド・システムを搭載することを意味する。さきに発売されたゴルフと同様、発進時のエンジントルクが少し薄いところなどでモーターがまわってエンジンを手助けするシステムだ。

「Rライン」はスポーティな仕様。可変レシオの「プログレッシブステアリング」をはじめ、ヘッドレスト一体型のバケットシート、専用デザインの17インチ・アルミホイールなどを備える。

おおづかみの印象は、7月に発売された新型ゴルフの1.5リッター車と似ている。車重は1430kgと、ゴルフsTSI Rラインの1360kgより増えているものの、パワーに大きな差は感じない。

48ボルトで駆動されるマイルド・ハイブリッド・システムの恩恵もあるはずだ。発進はとてもスムーズで、そのあと、ぐんぐんと加速していく。パワフルというほどではないものの、実用上の使い勝手では充分な加速性能だ。

感心するのは、ワインディングロードの下り坂。小さなコーナーが連続しても、軽快に、右へ左へとまわっていくのだ。ステアリングは正確で、かつしっかりしている。ボディのロールは抑えられていて、すっとノーズが入ったあとは、安定した姿勢でコーナリングするのが、気持ちよいといっていいほどだ。

一般道と山道で乗ったかぎりでは、路面の凹凸をよく吸収するサスペンションシステムのおかげで、乗り心地は快適。乗員の姿勢はつねに一定に保たれていて、基本性能の高さを感じる。

「いまも、フォルクスワーゲンの足まわりには感心させられる」という日本の大手自動車メーカーのエンジニアがいるほどだ。

エンジン回転を2500rpmからすこし上ぐらいに保つようにして、カーブをこなしていると、その言に納得する。それが、頼りになる印象を生んでいるのだ。

あらためて、評価してもいいのでは

運転支援システムも、ぬかりはない。同一車線内であれば0km/h~210km/hで作動する半自動運転システム「トラベルアシスト」が便利だ。車内にいる乗員が外に出るためにドアを開けようとしたとき、後方から自動車や自転車が接近していた場合、音とライトで警告するシステムも搭載されるなど、目配りのきめが細かい。

SUVが増えたいま、4.64mの全長を軸にして、ゴルフ・ヴァリアントの競合を探すのは、なかなかむずかしい。トヨタ「カローラ・ツーリング」と迷うひとはいないだろうし、ではサイズが近いスバル「インプレッサ・スポーツ」か、といえば、こちらは、ステーションワゴンというより、SUV的なクロスオーバーだ。輸入車にも、どんぴしゃのライバルは見当たらない。

そんなに皆がSUVが好きなのか!? と、思わぬでもない。機能にすぐれたゴルフ・ヴァリアントを試していると、ステーションワゴンの利便性に改めて気づくのでなおさらだ。

1993年、当時のゴルフIIIに初めてヴァリアント・ボディが設定されていらい、ゴルフと同等の走りと荷物運搬の高い機能を両立するというコンセプトは守り続けられている。そこをあらためて、評価してもいいのでは、と思った。

文・小川フミオ 写真・小塚大樹

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します