サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

ここから本文です

WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

 FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦上海4時間レースのフリー走行3回目は、トヨタ7号車の小林可夢偉が1分47秒184を記録し、首位となった。

 1周あたり2.74秒もの重いハンディキャップを背負うトヨタ勢はFP1、FP2ともにトップを逃していた。しかし、FP3では60分のセッション開始時にトヨタ7号車が予選シミュレーションを実施。小林のドライブで、最速タイムをマークした。

■トヨタ、WEC上海でプライベーターの逆襲予想。”今度こそ”レベリオンが壁に?

 2番手はチームLNTのジネッタ5号車。トヨタ7号車とは1.009秒差だった。ジネッタの6号車も3番手に続き、レベリオン・レーシングの1号車を上回った。

 トヨタの8号車はレースに向けた作業を進めていたのか、ブレンドン・ハートレーが記録したタイムで僚友7号車から3.293秒遅れの総合10番手。LMP2クラスのマシンにも先行を許した。

 LMP2クラスは、前戦富士でクラス優勝を果たしたレーシング・チーム・ネダーランド29号車が首位。ニック・デ・フリーズが最速タイムをマークした。山下健太が所属するハイクラス・レーシング33号車はクラス8番手だった。

 LM-GTE Proクラスは、ポルシェ92号車がフェラーリ51号車に0.825秒差をつけて首位。LM-GTE AmクラスはFP2に続き、チーム・プロジェクト1の56号車ポルシェがトップ。石川資章とケイ・コッツォリーノが乗るMRレーシングのフェラーリ70号車はクラス12番手だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します