サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボスニア紛争で起こった大量虐殺の真実を伝える『アイダよ、何処へ?』

ここから本文です

■遠い昔ではない、わずか26年前に起こった悲劇

 本年度アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作品『アイダよ、何処へ?』が描くのは1995年7月、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で起こった「スレブレニツァの虐殺」です。戦後ヨーロッパ最悪の悲劇とされるこの集団虐殺事件を、なぜ止められなかったのか? なぜ8千人以上もの命が奪われなければならなかったのか? 本作はその答えを差し出すものではなく、同じ世界の一員として、我々に“共に考えること”を促します。

映画「ターミネーター2」でお馴染みのハーレー「ファットボーイ」 30周年記念モデルが2500台限定で登場

 ユーゴスラビア連邦解体に伴うボスニア・ヘルツェゴビナ独立を機に、1992年3月に勃発したボスニア紛争。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ