サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 宝塚~西宮の動脈「名塩道路」進む改良 2月にトンネル貫通! 中国道沿いの国道が重要なわけ

ここから本文です

■1日2万台以上の2車線道路を4車線に拡幅

 兵庫県の宝塚市から西宮市へと抜ける国道176号の改良が進んでいます。

【画像】大阪~宝塚~西宮~三田を結ぶ大動脈! 国道176号「名塩道路」のルートと、貫通直後のトンネルを見る(12枚)

 中国道沿いに進むこの10.6kmの区間は「名塩道路」と名付けられ、設計速度60km/h、標準幅員24m、4車線で整備が進んでいます。

 この区間は、宝塚市と西宮市、三田市を結ぶ動脈です。交通量は1日2万台を超えており増加傾向といいます。

 しかし、国土交通省近畿地方整備局兵庫国道事務所によると、対面通行の幅の狭い2車線道路でカーブが多く、慢性的な渋滞が発生しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン