サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【隼】スズキ新型「ハヤブサ」の車体設計と各部装備を解説! 大パワーを支える車体は熟成が図られた

ここから本文です

スズキの象徴的な一台「ハヤブサ」は新型に生まれ変わり、2021年4月7日に発売された。この記事では、車体設計について解説する。

スズキ新型「ハヤブサ」の車体設計
単に変えるのではなくいいものは残す選択

ホンダ「GB350 S」誕生! スタンダードモデルのGB350とともに詳細発表

「最高のハヤブサ」を造り上げるために、何を選ぶのがベストか。あらゆる検討とトライを重ねた結果、スズキがたどり着いたのは従来型のエンジン、車体の熟成だった。

新型ハヤブサのシャシーは、基本的に従来型モデルを継承したもの。鋳造材と押し出し材を組み合わせたアルミ製のツインスパーフレームは、なんと1999年登場の初代から引き継がれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン