サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【くるま問答】軽量ホイールと走行性能の関係性。バネ下重量は車両重量の軽量化以上に効く!

ここから本文です
一般的にクルマの足元のファッションとして語られがちなアルミホイール。確かにそういう面はあるが、走るための機能パーツとして考えると、軽量アルミホイールは走る、止まる、曲がるに影響を与えるのだ。

軽量アルミホイールは走行性能と直結している。
ホイールの重さは走行性能に影響する。ここはいわゆるバネ下重量になるからだ。サスペンション形式の如何によらず、スプリングとショックアブソーバーはホイールとタイヤの上下動を制御する。同じスプリングレートであれば、軽いホイールの方が路面への追従性がよくなり、ショックアブソーバーへの負担も少ないということになる。もう少し詳しく説明していこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ