サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界中で愛されるマツダ「ロードスター」 初代はなにがすごかったのか?

ここから本文です

■徹底してライトウエイトスポーツのコンセプトにこだわった

 現在のマツダのラインナップのなかで、「ロードスター」は特別な存在感を放っている。

マツダの「ユーノス」ブランド復活!? 「ロードスター ユーノスエディション」が発売!

 販売台数は、世界市場で年間およそ3万台、国内市場で4000台から5000台という、わずかな数字だ。しかし、マツダのブランド・アイコンともなった「Zoom Zoom」や「人馬一体の走り」は、そもそもロードスターに用意されたもの。それが、いつの間にかマツダ全体を表すようになった。

 つまり、マツダのスポーティなイメージの根源をなすのがロードスターなのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ