サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最高時速270キロの電動レーサー『エゴ・コルサ』とは? 電動バイクレース『MotoE』マシンは常に進化している

ここから本文です

■見た目はMotoGPマシン、でも車重は100kg以上も重いMotoEマシン

 FIM Enel MotoE World Cup(以下、MotoE:モト・イー)は、2019年からはじまった電動バイクのチャンピオンシップです。MotoGPのヨーロッパ開催グランプリに併催され、2021年は6戦7レースが予定されています。

「日本のライダーたちの希望になりたかった」小さなバイク屋さんが市販レーサーホンダ「NSF250R」で世界に挑戦した理由

 MotoEはマシンもタイヤもそれぞれ単一メーカーによって供給されています。つまり、MotoEライダーは同じマシン、同じタイヤでレースを戦うわけです。

 まず、MotoEのタイヤはミシュランが供給しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ