サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車両周辺を高精度・高解像度に検知でき、地図更新などへの活用が可能

ここから本文です

車両周辺を高精度・高解像度に検知でき、地図更新などへの活用が可能

パイオニアの連結子会社であるパイオニアスマートセンシングイノベーションズ(PSSI)は、乗用車などへ後付けでき、車両の周辺環境を高精度・高解像度に検知可能な “3D空間データ収集LiDAR kit” を開発し、その試作モデルを「CES2020」に出品した。

 本 “LiDAR kit” は、「3D-LiDAR センサー」とカメラ、GNSS(全球測位衛星システム)を一体にしたハードウェアと、物体認識や位置推定、差分抽出を行うソフトウェアアルゴリズムをセットにしたトータルソリューションだ。乗用車や業務車両などの屋根の上に“LiDAR kit”を簡単に後付けでき、複雑な調整を行うことなく周辺物体の位置や距離、形などを正確に検知し、3D空間データとして収集することができる。周辺環境や路面標示、道路の凹凸などの情報まで含む3D空間データは、地図更新のほか、マーケティング用データの作成などへ活用が可能だ。

電気自動車の持つ力を拡大するe-4ORCE

 PSSI は、3D空間データの収集・活用を効率的かつコストを抑えて行いたい企業向けに、2020年秋より “LiDARkit” の販売を開始する予定だ。

 なお「CES2020」に出品している試作モデルでは、カーメイトの360度カメラ「d’Action 360 S(DC5000)」を使用している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します