サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPバレンシアGP:マルケスがクアルタラロを抑え、独走優勝。ロレンソはバーンナウトとともに最後のレースを終える

ここから本文です
 MotoGP第19戦バレンシアGP MotoGPクラスの決勝がリカルド・トルモ・サーキットで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝した。このレースをもっての現役引退を発表したホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)は、13位フィニッシュで最後のレースを終えた。

 MotoGPクラスの決勝レースは気温15度、路面温度16度のドライコンディションで行われた。ホールショットを奪ったのはジャック・ミラー(プラマック・レーシング)だったが、ポールスタートのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がトップを奪い返し、レースリーダーとなる。