サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最後のコーナーでPPを失ったフェルスタッペン「自分に腹が立つ…車は速いから、決勝に希望を託す」/F1第21戦予選

ここから本文です
 2021年F1サウジアラビアGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手だった。決勝はミディアムタイヤでスタートする。

 フェルスタッペンは、Q3最初のランでメルセデス勢を抑えてトップに立ったが、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が最後のアタックラップでそれを上回り、暫定ポールの座に就いた。フェルスタッペンはそれを追う形でアタック。セクター1、セクター2と全体ベストタイムを刻み、ポール獲得は確実と思われたものの、最終コーナーでタイヤをロックさせ、挙動を乱してウォールにヒット、マシンを止めることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン