サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EV化で復活を遂げた30年前のトヨタ・スープラ、教材車として未来のエンジニアを育む

ここから本文です

EV化で復活を遂げた30年前のトヨタ・スープラ、教材車として未来のエンジニアを育む

EVコンバートで提案する新たなスポーツ

 千葉県の幕張メッセで開催された東京オートサロン2020。今回も学生たちの力作が数多く出展されていたが、なかでも異彩を放っていたクルマがある。派手なボディカラーと低い車高と反比例する、エコロジーでアカデミックなカスタムの中身に迫ってみたい。

【若者が愛する90年代車両】15年以上の思いが叶って手に入れたファミリアGT-R編

 ラメが入ったグリーンパールの派手なボディカラーと、エアサスペンションによる地を這うようなスタイリング。会場内で見たトヨタA70型スープラは、一見するとバリバリのチューニングカーだが、後方から眺めるとマフラーがない違和感に気付く。

 それもそのはず、展示されたスープラは「福島県理工専門学校」の生徒らが手がけたEV(電気自動車)仕様なのである。製作のきっかけは、昨年に復活を遂げたGRスープラのデビューと、学校にこのスープラのボディが残っていたこと。デビューから30年以上が経つ3代目スープラ(A70型)は、エンジンもミッションも外された状態だったので、これからのエコロジーな時代に合わせてEV化。学生たちが電気自動車の仕組みを学ぶ教材として使おうと考えたのがきっかけだ。

 プロジェクトはエンジンに変わって心臓部となるモーターを探すことから始まり、『Motenergy』という北米メーカー製のキットを入手。エンジンルームには、モーターとバッテリーが搭載され、東京オートサロン展示時には駆動系こそ間に合っていないものの、ミッションとプロペラシャフトさえドッキングすれば、実際に走ることが可能な状態まで仕上げられていた。ココまで作り込むのに半年以上の期間を要したそうで、今後もテスト走行を含めて教材のひとつとして活用していくとのこと。そんな中身とギャップのある外観も合わせて紹介しよう。

 まず、足まわりは「エアレックス」のエアサスを装着。ローダウンされた足元へ、ホイールはワークの「シーカーMX(18インチ)」と、トーヨーの「プロクセス・スポーツ」のタイヤをセット。エアロパーツはフロントのみ「ボメックス」で、あえてリヤはスポイラーを装着せずにEVらしくスッキリした印象に。室内ではシルバーに塗装されたJAZのバケットシートが目を引く。

 他の学校は卒業制作として東京オートサロンを目指すことが多いが、コチラは1~2年生が主体となって作業を行なったという。未来の名エンジニアを育成する生きた教材として、このスープラはさらに進化していくだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します