サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【VW アルテオン】旗艦モデルの上級かつ落ち着いたデザイン まとめ…価格やスペック、試乗記

ここから本文です

【VW アルテオン】旗艦モデルの上級かつ落ち着いたデザイン まとめ…価格やスペック、試乗記

フォルクスワーゲンのフラッグシップサルーン『アルテオン』。同社の『パサート』の上位モデルにあたるアルテオンは、5ドアハッチバックスタイルを採用した最上級モデルでありながらも、あくまでもVWらしい上級で落ち着いたクルマ作りを目指した。

目次新型フラッグシップは最新テクノロジー搭載、549万円より【R-Line 試乗】「ガイシャに乗りたい」欲求とどう向き合うか…諸星陽一バリューフォーマネーが高く、VWのフラッグシップらしいクルマ…マーケティング担当[インタビュー]【R-Line 試乗】費用対効果は高いが、あえてVWを選ぶことができるか…中村孝仁新グレードのエレガンス追加…3色から選べるインテリアエレガンス は「R-Line」と一線を画す新グレード[詳細画像]【エレガンス 試乗】どのVW車よりも重厚、上質な走りのエレガンス…島崎七生人

新型フラッグシップは最新テクノロジー搭載、549万円より

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、日本における新たなフラッグシップモデル、『アルテオン』を10月25日より発売する。

アルテオンは、流麗かつダイナミックなファストバックデザインを採用し、セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えたグランドツーリングカー。スポーティーなR-ラインバンパーや、水平のグリルバーがそのままLEDヘッドライトにつながる個性的なデザインなど、ひと目でアルテオンとわかるフロントフェイスとなっている。

[続きを読む]

新型フラッグシップは最新テクノロジー搭載、549万円より 画像

【R-Line 試乗】「ガイシャに乗りたい」欲求とどう向き合うか…諸星陽一

フォルクスワーゲン(VW)はベーシックモデルなモデルを作るメーカーとして有名な存在で、それは世界的にも認知されている。『up!』、『ポロ』、そして『ゴルフ』とベーシックモデルらしいクルマを数多くしているVWだが、じつは高級志向のクルマも用意する。『パサート』などはその代表的なモデルで、今回試乗した『アルテオン』はそのパサートの上に位置している。

[続きを読む]

【R-Line 試乗】「ガイシャに乗りたい」欲求とどう向き合うか…諸星陽一 画像

VW アルテオン

バリューフォーマネーが高く、VWのフラッグシップらしいクルマ…マーケティング担当[インタビュー]

フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)は、フラッグシップの『アルテオン』を導入し、その台数を順調に伸ばしているという。そこで、このアルテオンの導入経緯やポジショニング等について話を聞いた。

◇アルテオンがフラッグシップになった理由

---:そもそもアルテオンというクルマはなぜ開発されたのでしょう。過去にはフラッグシップの『フェートン』がありましたが、結局消滅してしまいました。そういった背景の中、『パサート』よりも上のクラスにあえて投入した理由をまずは教えてください。

[続きを読む]

バリューフォーマネーが高く、VWのフラッグシップらしいクルマ…マーケティング担当[インタビュー] 関連記事

BMW 8シリーズ 新型に4ドア「グランクーペ」開発中…ジュネーブモーターショー2018で発表ファルケン、新世代フラッグシップタイヤ3モデルを発売…アゼニス FK510シリーズアストンマーティン東京ショールームオープン、世界最大の販売ディーラーに…アンディ・パーマーCEO

【R-Line 試乗】費用対効果は高いが、あえてVWを選ぶことができるか…中村孝仁

サイドビューの写真を撮っている時に気が付いた。「んっ?こいつ、妙に長いな。」それもBピラーから後ろが…。

家に帰って諸元を調べてみると、『パサート』よりもホイールベースが45mmも長いではないか。それに低いし、幅も広いし…。というわけで、パサートに対する『アルテオン』の位置づけが何となくわかるというものである。

[続きを読む]

【R-Line 試乗】費用対効果は高いが、あえてVWを選ぶことができるか…中村孝仁 画像

VW アルテオン

新グレードのエレガンス追加…3色から選べるインテリア

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンはフラッグシップモデル『アルテオン』に内装を3色から選べる新グレードTSI 4MOTION エレガンスを追加し、10月26日から販売を開始した。価格は599万円。

VWジャパン営業本部商品企画課の沢村武史プロダクトマネージャーは「アルテオンはスポーティーなデザイン、走行性能、先進機能、快適性を高いレベル融合させたグランドツーリングカーとして投入し、とくにお客様から一番評価を頂いているがデザイン」とする一方で、「やはり既存のRラインのアクの強さがテイストに合わないというお客様も結構いらっしゃる」と明かす。

[続きを読む]

新グレードのエレガンス追加…3色から選べるインテリア 画像

VW アルテオン TSI 4MOTION エレガンス

エレガンス は「R-Line」と一線を画す新グレード[詳細画像]

フォルクスワーゲンのフラッグシップセダン、『アルテオン』の新グレードである『アルテオンエレガンス』は、3色から選べるインテリアカラーと、優雅で落ち着いた佇まいのエクステリアデザインが特徴だ。

2017年10月に販売を開始したアルテオンは、スポーティかつエレガントなクーペスタイルのプロポーションと、広い室内空間、動力性能や先進安全装備などを兼ね備えたクルマとして認知されている。

[続きを読む]

エレガンス は「R-Line」と一線を画す新グレード[詳細画像] 画像

【エレガンス 試乗】どのVW車よりも重厚、上質な走りのエレガンス…島崎七生人

正統派の高級サルーンだということを黙って伝える

当初「R-Line系」のみの展開でスタートした『アルテオン』。ところが最新のラインアップでは選択肢を広げるべく、「Elegance(エレガンス)」が新たに設定されている。

実車はグレード名のとおり、上品な佇まいが印象的だ。「R-Line(Advance)」はスポーティ指向のルックスが持ち味で、凝ったデザインのフロントバンパーやリヤスポイラー、ダークグラファイトマット塗装のアルミホイールなど、見るからに精悍さをアピールする。対してこちらのEleganceは、よりスリークな形状のフロントバンパーや、20インチとサイズ、デザインは共通ながらシルバー色に塗装されたホイールにより、基本は同じスタイリングの『アルテオン』にまた別の表情を与えている。あるいは『パサート』の上位モデルとして、正統派の高級サルーンだということを黙って伝えてくる。

[続きを読む]

【エレガンス 試乗】どのVW車よりも重厚、上質な走りのエレガンス…島崎七生人 画像

VW アルテオン TSI 4MOTION Elegance

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します