サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 突如立ちあがる「暴力的な加速」! 昭和のクルマに「ドッカンターボ」が多いワケ

ここから本文です
圧縮比を低く設定していたのも大きく影響していた

 量産車のターボエンジンは、1962年のオールズモビルF85カトラスとシボレー・コルベアへのオプション設定が最初とされるが、実質的な元祖は1973年に登場したBMW2002ターボからだ。さらにそこから1年遅れてポルシェ911ターボ(930型)がデビュー。国産車では1979年の430セドリック(グロリア)が日本初のターボとなる。この430セドリック以降、80年代後半までの国産ターボはターボラグが大きく、いわゆる「ドッカンターボ」のクルマが多かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ