サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グリッケンハウス、2021年のWECには2台体制で参戦へ。LMHマシンの準備は順調か

ここから本文です

 WEC(世界耐久選手権)は2021年開幕予定の来シーズンから、新たな最高峰クラス『LMH(ル・マン・ハイパーカー)』を導入する。LMHに参戦する意向を既に表明しているスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは、2台のハイパーカーを持ち込む準備ができているようだ。

 グリッケンハウスは声明の中で次のように発表した。

■カレンダー大きく後ろ倒しのWEC、2021年のレース縮小の可能性あり?

「我々は2017年に立ち上がり、その後新たなハイパーカークラスに参戦すると宣言した。

おすすめのニュース

サイトトップへ