サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 荷物も積めて走りもイイ! わがまま父さんにバカ受けの「国産ハイパワーワゴン」8選+α

ここから本文です

かなえられたクルマに望むべきもの

 トヨタ・カローラフィールダーにカローラツーリング、マツダ・マツダ6、スバル・レヴォーグ、アウトバック、そしてホンダ・シャトル。それらの共通点がおわかりだろうか。日本で展開している国産車のステーションワゴンである。かつてに比べて車種は大幅に減ってしまったが、今はトレンドのSUVがステーションワゴンのニーズを埋めているといえるかもしれない。

大衆車に高性能エンジンを搭載!ハイパフォーマンスを誇った名車5選

 歴史を遡れば、2000年代初めのミニバンブームが起こる前の10年ほどの間が日本のステーションワゴンの絶頂期だった。きっかけは1989年にスバルから初代レガシィが発売されたこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン