サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、エンジンに問題が発生し表彰台を逃す「メルセデスも抑えられていたはず」|F1カナダGP

ここから本文です

 F1カナダGPを9位で終えたフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は、エンジンに問題が発生していたため、レースペースに苦労していたと明かした。

 予選で2番手となり、決勝レースをフロントロウからスタートしたアロンソは、最終的には7番手でチェッカーを受けた。しかし残り2周というところでバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)の攻撃を退けるために複数回進路を変更したとして5秒のタイム加算ペナルティを科され、最終的に9位となった。

■フェルスタッペンが優勝。サインツJr.との”頂上決戦”制して今季6勝目|F1第9戦カナダGP

 アロンソ曰く、レース中にエンジンの問題があったためペースが優れず、さらに戦略もうまくいかなかったことでポジションを下げることになったという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン